仕事が出来る人は身だしなみまで気遣える余裕がある

仕事が出来る人というのは同時に自己管理が出来ている人が多いです。自己管理とは身だしなみのことも該当します。仕事上で自分が他人からどのように見られるかということはある種の余裕でもあります。もちろん肝心な仕事の出来が悪ければ本末転倒ですが、仕事がしっかりと出来ているという前提で身だしなみの出来ている人というのは、仕事に対しても余裕を持って取り組めているはずです。

逆に仕事に対して余裕を持って取り組めていない人というのは身だしなみもおろそかになりがちです。言い換えれば身だしなみまで気にしている余裕が無いのです。不潔そうな口の臭いおじさんから営業されても敬遠してしまいますよね。そういったことを思いうかべるといいと思います。できる人は息が臭いということも対策をしているからあまりありません。

社会にはビジネスマナーという言葉があり身だしなみも仕事をする上で重要だと新入社員向けのビジネスマナー本にはどれにも書かれています。

それくらい身だしなみというのは重要であり同じ仕事を取り組んだ2人を比較して仕事の内容が同点であれば、身だしなみの整っている人の方が仕事の出来る印象を持たれやすい現実があります。ただ、過度な身だしなみへの執着はナルシストと思われたり、仕事でミスをしたときに指摘の材料になったりするリスクもあるので、おしゃれというよりは清潔感があって反感や嫉妬を感じさせないような身だしなみを意識しましょう。